ホームヘルパーの仕事と平均的な報酬、必要な資格

ホームヘルパーの仕事は、訪問介護員と言うだけあって、障害があったり高齢の方の自宅に行って色々な介護を行なう仕事となります。

 

今後、介護関連の職業は人数がさらに不足になると考えられており、人手不足を解消するために待遇改善(簡単に言うと給料、福利厚生)も進んでいくのではないかと考えられています。

 

待遇改善に積極的に取り組んでいる事業者もいますから、もしホームヘルパーとして資格を取得した後に働こうとお考えであれば、就職先はしっかりと選んで働きたいところです。

 

最初の就職先で非常に厳しい所を選んでしまうと、せっかく介護の仕事にやり甲斐と意義を見いだしていても、現実的な辛さから転職する事を考えてしまうかもしれません。

 

そうした事がないように、ホームヘルパーとして就職する施設はしっかりと選んで頂きたいと思います。

 

とはいっても情報を自分で入手するのはなかなか難しいものがありますから、業界に精通している人材紹介会社などを活用されると良いと思います。

 

これから介護関連の人材紹介会社も増えてくると思います。

 

求人ニーズはこれからどんどん高くなってくると思います。

 

今から業界で働く事によって、キャリアを築けると思います。

 

参考:ホームヘルパーの役割

 

高齢者施設で介護を行なうこともでき、施設で介護業務を行なっているホームヘルパーもいます。

 

介護といっても色々な分野があり、身体介護と呼ばれる体を洗ってあげたり、トイレのお世話をしてあげるような仕事から、生活援助と言われる食事を作ったり、掃除をしてあげたりする仕事まで色々です。

 ホームヘルパーになるには、資格が必要となる

仕事の内容によって時給も色々と違っており、大変なことが多い身体介護の場合には、大体平均時給は2000円とされています。

 

生活援助の場合には、1500円程度の時給となっており、身体介護の方が時給は良いことが多いと言えるでしょう。

 

さらに、ホームヘルパーでも夜勤などがあることもあります。

 

夜勤の場合には、時給が加算されたり、夜勤手当がつくこともあり、さらに報酬はよくなります。

 

また、ホームヘルパーの正社員の場合には、給料は月給18万円程度だとされています。

 

施設によって色々な仕事があり、大変さや施設の方針などによって報酬額も違っていることが多いので、割と給料の幅は大きいと言えるでしょう。

 

それと、ホームヘルパーになるには、資格が必要となります。

 

具体的には、ホームヘルパー2級とホームヘルパー1級という資格があります。

 

これらの資格は、国が認めた研修設備である程度の時間研修を受けることで取得することができます。

 

2級の場合は、研修時間130時間となっており、1級の場合には研修時間230時間をこなすと取得できます。

 

【医療関連の仕事】
ベネッセ 看護師バイト
薬剤師 スポット派遣