介護福祉士は、ホームヘルパー資格の上位資格となる

介護福祉士の仕事は非常に範囲が広く、色々な場所で活躍しています。

 

例えば、特別養護老人ホームなどの高齢者施設に就職して、高齢者の方の身の回りのお世話をしている介護福祉士は多くいます。

 

さらに、デイケアセンターや障害者福祉施設などでも色々な介護業務に当たっています。

 

介護福祉士は、ホームへルパー資格の上位資格とされているので、訪問介護業務も行なうことができます。

 

病院などで介護福祉士の仕事をしている人や、介護福祉士付きのマンションなどで働いている人もいます。

 

具体的な仕事の内容としては、実際に介護に当たることも多いですし、ホームヘルパーなどを指導して色々な仕事をしてもらう立場に立つこともあります。

 

最近ではケアワーカーと呼ばれることも多くなってきており、有名な仕事の一つと言えるでしょう。

 介護福祉士資格を取得するには、国家試験に受かる必要がある

平均的な報酬としては、25万円程度とされており、高いところでは30万円以上のところもあるなど、仕事の内容や施設によって色々と違っています。

 

介護というのは24時間必要になる場合もあるので、夜勤が入っている場合もあります。

 

夜勤が入っている介護福祉士の場合には、さらに給料がよくなる傾向があると言えるでしょう。

 

それと、介護福祉士資格を取得するには、国家試験に受かる必要があります。

 

介護福祉国家試験という試験が行なわれており、この試験で総得点の60%以上を取得する必要があるというシステムとなっています。

 

さらに、介護実務が3年以上あるか、福祉に関する単位を学校で取得していないと、介護福祉士資格は取得することができません。

 

なかなか難しい国家資格となっていますが、その分取得できると、就職先は多くある資格だと言えるでしょう。