相談者の問題を解決できるように色々と調整する

社会福祉士の仕事は、簡単に言えば介護や支援に関する相談役という仕事を行ないます。

 

障害のある人や、日常生活になんらかの事情で支障がある人などと話をして、相談にのって問題を解決してあげます。

 

震災などで生活が困難となった人の支援を行なったり、子育て支援、障がい者支援なども行なっています。

 

さらに、医師や医療機関とも密接に連絡を取り合い、相談者の問題を解決できるように色々と調整する役割も担っています。

 

昔はあまり就職口がないことが問題となっていましたが、最近では資格の重要性が高まり、地域包括支援センターなどでの需要もできたことから注目の資格の一つとなっています。


 世の中に貢献できることも多く、やりがいのある資格

社会福祉士の年収に関しては、平均300万円〜400万円とされており、400万円以上の収入がある人も4割程度いるとされています。

 

やっていることによって報酬は様々となっており、重要な役割をしている人の場合には年収1000万円以上を稼いでいる人もいます。

 

資格の取得に関しては、毎年1月の下旬に行なわれている国家試験を合格することが必要となります。

 

その国家試験を受けるためには、福祉系大学を卒業するか、実務を4年以上こなす必要があるなど、細かな受験のための条件もあります

 

勉強が必要な内容も幅広く、介護のことから就職支援、相談演習、地域福祉や福祉サービス組織の経営など色々なことを勉強する必要があります。

 

幅広い分野のことを勉強するので、資格取得するのは大変ですが、それだけ世の中に貢献できることも多く、やりがいのある資格だとも言えるでしょう。