介護の現場で必要だと感じて取得するケースが多い

福祉住環境コーディネーターの仕事は、建築や医療、介護福祉、行政などの知識を得ることで、高齢者などの住環境の整備を手伝う仕事となっています。

 

例えば、車椅子生活になってしまった人が、家をリフォームしようとした場合、素人にはなかなかどうすれば車椅子に適した家にできるのか解らないことも多いです。

 

そういった時に、福祉住環境コーディーネーターが出てきて、医師と相談したり、リフォームする人と相談したり、行政支援に関しての連絡を行なったりといったことをします。

 

単体でこういった仕事をしている人は少なく、福祉介護の現場の人が福祉住環境コーディーネーター資格をとって、色々と仕事の幅を広げているというのが現状だと言えます。

 

平均的な報酬に関しても、単体でこの仕事を行なっている人が非常に少ないことから、報酬は非常に様々となっています。

 

仕事上で上司から取ってくれと言われて取るケースや、介護の現場で必要だと本人が感じて取得するケースも多い資格です。

 特に受験資格が定まっていない

なので、資格手当てがつくことや、肩書きに箔がついて信用が増すなどのメリットはありますが、平均的な報酬に関しては特に定まっていないというのが現状と言えます。

 

福祉住環境コーディネーターの資格は、民間資格となっています。

 

民間資格ですが、2級の場合には介護保険関係の一部の書類を作成する資格ができるなどが認められている資格でもあります。

 

資格のレベルは、1級、2級、3級とレベル分けされており、段階的に難しさが違っています。

 

福祉住環境コーディネーターの良いところは、特に受験資格が定まっていない点でもあります。

 

福祉系の資格というのは実務経験を求める傾向が高く、なかなか資格取得することができませんが、この資格は特に受験資格がないので誰でも取得することができます。