様々な食に関する問題を解決する職業

介護食士の仕事としては、介護を受ける必要がある人の食に関して色々と手助けを行なう職業となっています。

 

介護を受ける必要がある人の中には、流動食しか食べられなかったり、大きなものが食べられないなど様々な食に関する問題を抱えている人がいます。

 

そういった人に対して、健康状態や精神的な満足度など色々な角度から食に関して考える職業となっています。

 

例えば、介護用の食事というのは美味しくないものが多いです。

 

しかし、介護用の食事でも美味しいものが食べたいという人も多くおり、あまり美味しくない介護食の場合には食欲が出ず、健康問題にまでなってくることがあります。

 

そういった時に、その人の好みに合った介護食を提案することなども介護食士の仕事となります。

 

さらに、高齢者というのは食べられるものが限られているなど、偏食しがちになるとされています。


 うまく栄養バランスのとれた食事を考えて提供する

偏食してしまうと、足りない栄養素などが出てしまい、体に悪影響が出てきます。

 

この悪影響を防ぐために、うまく栄養バランスの取れた食事を考えて提供するなども、介護食士の仕事と言えるでしょう。

 

その他にも、宅配の弁当を考案したり、高齢者用の外食メニューを作ったりと、色々な場所で介護食士は活躍しています

 

介護食士の平均報酬としては、非常に広い分野にわたっているので、特に定まった平均報酬というのはありません。

 

介護関係に就いている人が、食事もサポートできるようにと取得したり、高齢者用のレストランの人が取得したり、栄養士が取得したりと様々です。

 

介護食士の資格は1級、2級、3級に分かれており、それぞれ難しさが違っています。

 

一番難しい1級となると、実務試験と筆記試験があり、かなりの難関であるとされています。